*

ママとパパが生きる理由。1話の感想!感動の演技、あの子役は誰だ?

公開日: : ドラマ, ママとパパが生きる理由。

20日放送スタートの「ママとパパが生きる理由。」 見ましたよ~。

昨日は仕事が少し長引いて、帰りの時間がいつもより 遅くなってしまいました。
晩ごはんをパパッと済ませて、TVの前でスタンバイ!

ところが…

日米野球をやってたのねww。
なんだ、これならもっとゆっくりご飯を食べればよかった~。

結局。ドラマは40分遅れのスタート。
じっくりと見させていただいた感想ですが…

「泣けた」

うん。 この一言です。

どんな部分が泣けたのか。 今から少し振り返りたいと思います。

Sponsored Link

1話の感想

どんな部分でやられたか…。

まず、夫・賢一(青木崇高)が優しすぎる!!

柊子(吹石一恵)が末期の乳がんとわかり、出張から帰った賢一にカミングアウトするシーン。
賢一が言った言葉が

「ごめんな…気付いてやれなくて」

えっ!?なぜに謝るの?
「一人で検査受けて、結果聞きに行ってつらかったな…」

この気遣い… 普通できませんよ。
自分の愛するパートナーが「がん」、しかも末期と分かったら きっとパニックになります。
それを、自分のせいにして(気づいてあげられなかった)
そして相手に対する配慮をもって接するなんて…。
出来ない…。
したいけど、おそらく出来ないんじゃないかなぁ…。

人が人に優しくなれるときって どんな時だろう?

本当にそう考えさせられたシーンでした。

ですが、やはりつらかったんでしょう。
柊子のいない真っ暗なリビングで、一人むせび泣く賢一がいました。

うん。 分かる。 わかるぞ~!!

男には誰にも見せたくない涙がある…
隠れて流す涙ってあるんです。
(しっかり柊子に見られてしまっていましたがねww)

さらに、こんなシーンもありました。

賢一の会社の社長・野村(田中哲史)は、
賢一を会社近くのカフェに呼び出します。
最近、様子が変だが何かあったのかと問うんですね。

賢一は何もないと隠そうとしますが、
高校生の頃から賢一を知っている野村には 見抜かれていました。
賢一は柊子が乳がんであることを告白し、
今後、会社にいる時間が少なくなってしまうことを 頭を下げて詫びるのです。

野村にそんなことはしなくていいと言われてるのにもかかわらず
カフェのテーブルに頭を擦り付けてずっとずっと詫びていました。

このシーンを見て号泣。
果たして同じような事態になった時に
ぼくおくんならどうなんだろう?
ここまでできるだろうか?
そう考えさせられた一瞬でした。

とにかく、夫・賢一が優しすぎる。
これが「泣けた」理由の一つです。

続いて、やられた理由パート2!

子役の演技が秀逸すぎる!!

かわいいというか、けなげというか…。
お姉ちゃんの演技も良かったが、弟の演技これはやられた!

最後のシーン。
あれはアカンって。

「僕が大きくなったら電車の運転手になる!そうしたらママを乗せてあげるね」

当然、柊子も声をあげて泣きます。
そこでの更なる一言

「ママ、泣かないで。僕が歌を歌ってあげるからもう泣かないで」

あかん。 あかんよ~。
涙が止まらないじゃん!

これから、ドラマが進んで感情移入していくと、
ドラマを見ることが 辛くなりそうです。

そして、主題歌の挿入が神すぎる!!
もう、ここって時にmiwaさんの何とも言えない歌声が流れてくる。
ただただ、それだけで涙が止まりませんでした。

う~ん。
これからこのドラマ、どうなっちゃうんでしょう。

夫・賢一も肺がんを告知されてしまったことで
優しい夫がどう変化していくのか?
それともこのまま優しい賢一のままで いられるのか?
も気になります。

関連記事>>>津山千佳役の藤井美菜は韓国で大人気!その理由に迫る!整形や彼氏の噂も!

次の放送が楽しみであり、
また先に進むのが辛くもあり複雑な心境に なりました。

秀逸な演技!子役は誰?

mama

あの子役誰だろう?
そう思った方も多いはず。

まず、お姉ちゃん・亜依ちゃん役は渡邉このみちゃん

2006年7月25日生まれの8歳。
今までにも映画・ドラマにも数多く出演してるんですね。
CMにも出演しています。

映画「八月の蝉」では
第35回日本アカデミー賞新人俳優賞を史上最年少で受賞していて
演技力は折り紙付きなんですね。

そして、多くの人の涙を誘ったであろう弟・由宇くん役は五十嵐陽向くん。
「いがらしひなた」くんって読むみたいですね。
2009年1月30日生まれ、5歳ですよ。
5歳って…。
しかも。デビューは2011年。2歳の時!
こちらも、ドラマや映画出演作多数。

最近の子役は、子供っぽくないなんて思ってましたが…
このお二人の演技は、演技っぽくなくて好感が持てました。

このドラマをステップにして
どんどん躍進していくかもしれませんね。

初回の視聴率は?

初回の平均視聴率は5・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったそうですが
これは、もろに野球中継延長の影響を受けてしまったような結果ですね。

数字だけ見ると…
滑っちゃった?
この先。大丈夫か?

そう感じてしまいますが、
ドラマの内容など 今後話題になってきそうな予感がします。

来週以降、右肩上がりに上昇していくことを祈りたいですね。

Sponsored Link

関連記事

zeni5

銭の戦争 5話のあらすじ&ネタバレと見どころを紹介!ロケ地の情報も調査!

毎回、展開が読めない「銭の戦争」 2月3日には早くも5話が放送されます。 今回は赤松(渡部篤郎)と

記事を読む

repo-to261

エイジハラスメント 5話の感想と視聴率速報!上司の気持ちはなぜ誤解されるの?

エイジハラスメント 5話は英美里が初めてキレませんでした。 今回の話の展開を見ていて、まさか…権藤常

記事を読む

gakkou3

学校のカイダン 3話の感想!プラチナ8の須藤夏樹とタクトが気になる!

25日放送の「学校のカイダン」はご覧になりましたか? エライことになってましたね。 そうなんです。

記事を読む

kazokugari(r)

家族狩り ネタバレ 7話(8月15日) 真犯人は一体誰?

毎回、回を重ねるごとに恐ろしさが加速する家族狩り。 前回のラストシーンの游子(松雪泰子)の何とも言え

記事を読む

孤独

孤独のグルメ4  8月9日 真夏の博多・出張スペシャルで夕食テロ!

深夜の放送にもかかわらず対人気の「孤独のグルメ」 このブログでも毎回、五郎さん(松重豊)の行くお店に

記事を読む

zeni7

銭の戦争 7話のあらすじ&ネタバレ!未央が富生に惹かれていく…視聴率速報も!

一体どんな結果が待っているのでしょうか? 見れば見るほど先が気になってくるのがこのドラマ。 「銭の

記事を読む

amanotouko

ホテルコンシェルジュ 1話の感想と視聴率速報!どんなリクエストにも応える仕事とは?

「ホテルコンシェルジュ」期待通りでした! 初回の放送から思いっきり泣いてしまいまいました。 1話完

記事を読む

kimura

木村文乃がかわいい!性格や熱愛彼氏の情報も徹底調査してみた!

6日から始まる新ドラマ「銭の戦争」。 すごく楽しみですね。 何が楽しみかって… ストーリー性もさる

記事を読む

E69DBEE9878DE8B18A

孤独のグルメ4 8話(8月27日) YO-HO’s cafe Lanai 東京都杉並区阿佐ヶ谷のオックステールスープとアサイーボウル

五郎さん(松重豊)の食べ歩きで人気を博す「孤独のグルメseason4」も 今回で早くも8話。 1シー

記事を読む

rintaro

Dr.倫太郎 驚きの最終回(結末)までのあらすじとネタバレ情報!

「Dr.倫太郎」 堺さんの連ドラは1年半ぶりだそうです。 えっと… そうそう、「リーガル・ハイ」以

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

repo-to500
孤独のグルメ5 最終回 しゃぶ辰の一人すき焼きは感動的でかっこいい!!

いよいよラストですね~。 なんか寂しい・・・ 今回はラストにふさわし

repo-to494
リズリサの福袋2016もマイメロとコラボでかわいい!ネット上の声も集めてみたよ!

旬でかわいい!ファッションのLIZLISA(リズリサ)の福袋。 20

repo-to492
サボンの福袋2016は絶対に買い!ネット販売もある!中身の情報とともに要チェック!

こちらも人気の福袋です。 「サボン」の福袋。 予約販売もあるのです

repo-to488
ジルスチュアートの福袋2016は絶対に買い!メチャ使えるマストアイテムがいっぱい!

福袋商戦も佳境に入ってきていますね。 各ブランドが力を入れる福袋!

五郎
孤独のグルメ5 11話 厨Sawaのアメリカンソースのオムライスとカキのムニエル いいじゃないですか!

孤独のグルメもいよいよ終盤。 シーズン5も次回(12話)が最終回なんで

→もっと見る

PAGE TOP ↑